田中修治の結婚した嫁(妻)や子供は?経歴や年収がヤバイ!?

田中修治の結婚した嫁(妻)や子供は?経歴や年収がヤバイ!?と気になることがたくさんありますし、どのような戦略で、ここまでのし上がってきたのか?

週に1店舗のハイペースで出店し、国内に128店舗、海外に182店舗を展開するメガネチェーン「オンデーズ」。

メガネ業界の売上が頭打ちになっている中、右肩上がりの成長を遂げる注目の企業だ。

その先頭に立つのが、41歳の田中修治。今から11年前、田中は、倒産必至と言われたオンデーズを買収し、幾多の壁を乗り越えて見事に再生を果たした。

そのオンデーズの魅力は、1500種類以上におよぶ豊富なプライベートブランド!41歳にしてここまで成長させた経歴を調べてみたいと思います。

ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

田中修治のプロフィールと経歴を紹介

名前     田中 修治(たなか しゅうじ)

生年月日   1977年11月6日(2019年8月現在41歳)

出身地    埼玉県

血液型    O型

10代の頃から起業家として、企業再生案件を中心に事業を拡大。

2008年に巨額の債務超過に陥り破綻していたメガネの製造販売を手がけるメガネ販売店チェーンの株式会社オンデーズに対して個人で52%の第三者割当増資引き受け、同社の筆頭株主となり、同時に代表取締役社長に就任。

2013年には同社の海外進出を手がけ、オンデーズシンガポール法人(OWNDAYS SINGAPORE PTE LTD.)を設立。同社取締役就任。

2014年 オンデーズ台湾法人(恩戴適股份有限公司)を設立し、同社代表取締役社長に就任。

2015年 外国人専門の人材紹介会社「ダイバージェント株式会社」設立。同社代表取締役社長就任。

2016年 外国人専門の求人サイト「ダイバージェント」の開発・運営を開始。

2017年1月末現在、アイウェアブランド「OWNDAYS」を10か国220店舗展開し、独自の経営手法により、事業拡大と成長を続け実業家として活躍している。【従業員数2200名 / 売上高180億(2019年現在)】

2017年4月 ビジネス利用に特価した民泊プラットフォームTRIP BIZの開発・運営を開始。

2017年 – オンデーズ ロシア法人 設立。

2018年 – 香港第一号店(二号店)をTMT Plaza、East Point Cityに同時出店。

2019年 – インド第一号店をチェンナイに出店。LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン系の投資会社Lキャタルトン・アジア(L CATTERTON ASIA)及び三井物産の投資事業子会社である三井物産企業投資(MCPI)と、第三者割当増資、株式の一部譲渡についての契約を締結。

現在、OWNDAYS全体で300店舗以上を運営している。

スポンサーリンク

田中修治の結婚した嫁(妻)や子供は?

引用元:https://nakayoshiblog.com/tanaka-syuji/

田中修治社長はご結婚されているのですが、奥様は一般の方ということもあって情報が得られませんでした。

しかし、お子さんを抱っこした画像があり、この当時の写真だと2〜3歳くらいなのではないでしょうか?おそらく田中さんのお子様なのでしょう!

最近のお父さんは子育てに協力的だと聞きます。田中さんも子供好きなのが伝わってきますよね?

しかし、めっちゃ可愛いです(笑)子供は宝ですよね〜!

スポンサーリンク

田中修治の年収がヤバイ!?

引用元:https://newspicks.com/news/3280651/body/

眼鏡店チェーンのオンデーズの2018年2月期の売上高は、前期比25%増の150億円だったという。

売り上げをけん引した要因の1つはグローバル化の拡大だ。

進出国は2013年7月のシンガポールを皮切りに、台湾、タイ、カンボジア、フィリピン、オーストラリア、マレーシア、べトナム、そして4月に出店したインドネシアの9カ国に広がっており、5月末現在の店舗数は国内112店舗を海外120店舗が上回った。

フィリピンとインドネシア以外は現地法人を設置する力の入れようで、売上高も海外が85億円となり、国内を超えている。

海外初出店から約5年で達成した急速な拡大だ。今年の新卒社員の約40%が外国籍で、社員のグローバル化も進めている。

そしてもう1つの好調要因は、社員の競争意識を高める人材育成だ。オンデーズには、年齢や性別を問わず、実力とやる気があれば活躍できるユニークな教育プログラムや人事制度がある。

眼鏡の加工技術を競うコンテストには国内外の店舗のスタッフが参加し、1位の賞金100万円獲得を目指す。先月開催した4回大会の優勝者はフィリピン店の販売員。

過去3回はシンガポール人スタッフが連覇しており、日本人スタッフの優勝者はいないという。

また、エリアマネジャー(部長級)、スーパーバイザー(課長級)、店長の人事を立候補制とし、社員の投票で選出する制度を約8年前に導入した。

この制度により、店長の半数近く、海外の現地法人のうち4カ国の責任者に女性が就任し活躍している。

しかし、店長は売り上げ予算を3カ月連続で下回ると再募集される厳しい規定もある。再度、店長選考会に参加し、改善点を踏まえてプレゼンすると再選されることもあるという。

誰でも挑戦できる社内制度からチャレンジ精神と競争意識が生まれ、業績につながっているようだ。19年2月期の売上高は200億円を目標にしている。

これだけの売上高があるという事は、田中修治さんの年収は数十億円と予想されます。潰れかけた企業を立て直し、ここまでのし上がってこれたのは田中さんはじめ、従業員の方達の力です。

「関わった全ての方を豊かにしたい」という田中修治さんの人柄でこれだけの大企業まで登りつめたんだと思います。素晴らしい方ですよね!

これからも更なる成長を遂げるのでしょうね!

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク