【ラグフェアー】奥村政佳、脱退!保育園を改革!経歴とプロフィールは?家族の思いとは?

「奥村政佳 脱退のお知らせ」

この度、2019年4月22日をもちましてメンバーの奥村政佳がRAG FAIRを脱退することとなりました。

突然のご報告となりましたが、奥村政佳の新たな人生の選択をご理解いただけますと幸いです。

奥村は脱退いたしますが、RAG FAIRはこれまで同様活動を続けて参ります。

RAG FAIRの音楽やライブなどを通じて、これまで宝物のような時間を共有してくださった皆様に、あらためて感謝申し上げますと共に、これからも引き続きRAG FAIRを応援いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

RAG FAIRメンバー、スタッフ一同

 ボーカルユニット「RAG FAIR」を脱退し、政治家に転身すると発表した奥村政佳(41)が23日に会見を開き、立憲民主党から次期参院選比例区で出馬すると報告した。

立憲民主党から参議院選挙に比例代表で立候補させていただくことになりました。と政治家になる決意を表明した。

スポンサーリンク

奥村政佳のプロフィールと経歴を紹介

プロフィール

元RAGFAIRのボイスパーカッショニストであり、気象予報士防災士、そして保育士でもある。

大阪教育大学附属高校天王寺校舎在学中、当時史上最年少で気象予報士試験に合格し話題に。筑波大学に進学後、気象学を学びながら音楽活動を開始。

2001年、「力の限りゴーゴゴー!!」に出演し「ハモネプ」「ボイパ」ブームを巻き起こし、RAGFAIRでメジャーデビュー。

2015年からは横浜国立大学大学院修士課程に在籍。未就学児童に対する気象教育に関する功績により、日本気象学会奨励賞・WNI気象文化創造センター気象文化大賞をW受賞した

経歴

1978年、大阪生まれ。 

1995年、大阪教育大学附属高校天王寺校舎在学中、気象予報士試験に合格。当時史上最年少(17才)で取得、日本初の高校生気象予報士として話題となる。 

1996年、音楽活動を開始。ボイスパーカッショニストとしてインカレ含め多くのバンドで活躍。普及活動にも奔走し、1999年には現在も続く日本最大級のアカペライベント「JAM」第一回の総指揮を執る。 

2004年、災害復興ボランティア
新潟県中越地震をはじめ、東日本大震災、紀伊半島大水害、つくば竜巻、鬼怒川常総大水害等で活動。防災士資格も取得している。 

2001年、筑波大学在学中「力の限りゴーゴゴー!!」(フジテレビ系)に出演。「ハモネプ」「ボイパ」ブームを巻き起こし、RAGFAIRでメジャーデビューを果たす。 

2002年、シングルCD「恋のマイレージ」「Sheサイドストーリー」が週間シングルオリコンチャートオリコン1・2位を独占する快挙を成し遂げ、NHK紅白歌合戦出場を果たすと共に、ゴールデンアロー賞音楽新人賞、日本有線大賞新人賞等も受賞する。 

2004年、新潟県中越地震で災害復興ボランティアとして初めて活動。 

2005年、「RAGFAIR」がコンテンポラリーアカペラグループとして、初めて武道館でのワンマンライブを行い、約10,000人を動員。
スポンサーリンク
2007年、JAZZピアニスト松永貴志とのデュオユニット「SocooL(ソークール)」を結成。東京JAZZ(NHK-BS)や全国ツアー、学校公演なども積極的に行う。 

2011年、RAGFAIR活動休止。防災士資格を取得し、東日本大震災で災害ボランティアに従事。現在も石巻・牡鹿半島で復興支援活動を行う。その他紀伊半島大水害、つくば竜巻、鬼怒川常総水害、南富良野水害等でも前線で活動。 

2012年、保育士資格を取得。横浜市内の保育所で実際に主任保育士として勤務する。北海道大学高等推進機構科学技術コミュニケーター養成コース(CoSTEP)修了。RAGFAIR活動再開。
 
2015年、横浜国立大学大学院修士課程に入学。同年日本福祉大学通信課程にて幼稚園教諭(一種)を取得。 

2017年、園庭がない保育所での気象教育をテーマとして論文を執筆し、修士(教育学)を取得。ウェザーニューズ社と共同で幼児向け天気予報アプリ「SORAKIDS」を開発・リリース。気象文化大賞、日本気象学会奨励賞を受賞。 

2019年4月。RAGFAIR脱退を発表。
 
現在はさまざまなジャンルの専門的知識を生かし、各種講演、防災研修講師、キャリア教育研修講師、メディアへの出演、音楽活動、研究活動を行う 。 

スポンサーリンク

政治家になる息子に、家族はどう思っているのか?

引用元:http://tutujigaoka.webcrow.jp/

元RAGFAIRのボイスパーカッショニストであり、気象予報士防災士、そして保育士でもあるおっくんがなぜ政治家になろうと思ったのか?

おい食えん

保育士を8年間務めていたみたいですね。その経験から保育の現場をより良い環境にしていきたいと思って強い意志で立候補したそうです!

確かに保育園で働いてる人の声を聞くと、人員不足、核家族化した親からの厳しい指摘、大量の事務仕事、子供達は自由奔放と仕事量に対しての対価の低さ。

めちゃめちゃ大変なんです!

その保育に対して立ち上がろうとしている奥村政佳さんを応援してあげたいですよね?

奥村さんは結婚していて、子供がいます。やはり子供を育てている人には、保育園の有り難さを痛感してるはずです。

少子高齢化が進む現在、子供を産みやすい環境作りの一つとして、保育園にあずけられる状況を作ってもらえると、少子化の緩和に繋がる。

そして保育園で働いてる保育士さんの給料UPし、働きたい仕事にしていかなければいけません。

おそらく奥村政佳さんの家族も同じ思いだと思います。家族の協力なくして、政治家として生きていくのは大変だと思いますしね。

家族も応援してくれている事でしょう!

スポンサーリンク

まとめ

元RAG FAIRのボイスパーカッショニストであり、気象予報士防災士、そして保育士でもある。

数々の経歴を経験してきたからこそ、現場の力になると思います。これからはキャーキャー言われるような事もなく、政治家としてやって当たり前の世界で、生きていかなければいけません!

厳しい事を言われる事もあるでしょう。

政治家は最初は、「〇〇を実現します!」と勢いがあるんですが、当選してしまうと段々と染まっていってしまう人がほとんどです!

奥村さんはこうならないように、政治をしていって頂きたいですね。

応援してます。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク