バイクのヘルメットはどんな種類があるの?安全性は?

バイクのヘルメットっていろいろ種類があってどういうものを選んだらいいか迷いませんか?アメリカンに乗っていた頃と今のネイキッドに乗っている現在では、ヘルメットも違います。

以前アメリカン乗っていて、現在はネイキッドに乗っています。やはり乗っているバイクによってヘルメットも着る服も変わります。

そんなヘルメットの種類による安全性も大事になってきます。機能性・安全性・見た目・夏・冬と環境や状況が変わる中でのヘルメット選びが重要になってきます。

バイクには必ず必要になってくるヘルメット!ヘルメット選びの参考になればと思います!

スポンサーリンク

春〜夏向けのアメリカン用ヘルメットの種類と安全性は?

以前アメリカンに乗っていた時のヘルメットは季節によって変えていました。

春から夏にかけては半帽(半キャップ)といって頭部のみを守るもので、正直誰が見ても安全性は皆無です!

これは完全に見た目重視です。シールをペタペタ貼ってイキがってます(笑)

めっちゃ涼しいので夏は快適ですけどね・・・

道路交通法によりバイクはヘルメットを被らなければいけませんので、とりあえず被ってるくらいの効果しかないと思います。(でも違反ではありませんので・・・)

実際のものがこちらです↓

これを見て誰がどう見ても安心とはなりませんよね?そうです、危険です!

でも被らないよりは頭部を守ってくれるので被っていました。

でもアメリカンらしくカッコいいでしょ?

この時期は夏だったので、中にキャップを被りその上にヘルメットって感じに着用してます。

このヘルメットを使用してる際、顔を守るものが無いのでサングラスは必需品です!なんでかというと走行時に埃や虫が飛んできます。

もし目に入ってしまったりしたら、想像できますよね?そう危ないんですよ!

だからサングラスは忘れずに!ただ夜の走行時は暗く視界も悪くなるので、あまり暗いサングラスは危険ですよ!

昼間に眩しくないかなぁ〜くらいの物を選ぶといいと思います。

正直このヘルメットで安心とはなりませんが、アメリカン乗りはビジュアルも大事になってきますので、参考までに!

スポンサーリンク

秋〜冬向きのアメリカン用ヘルメットは?

先ほど説明させてもらった半帽(半キャップ)だと秋〜冬は寒いですよね?

次にご紹介するのが頭部と顔を覆うタイプのヘルメットになります。

先ほどのヘルメットより断然、安全性に富んでいます!それがこちら↓

こちらを見て頂くとかなり頭部と顔を守られていることは一目瞭然ですよね?秋〜冬はやはり走行時に風がすごいので寒いです!

なのでこのタイプはだいぶ、安全性・保温性に富んでいます。真冬時はシールドを上から付ければ風を防ぐことが可能なので、寒さに合わせてご用意しとく事をオススメします。

ちょっと悪そうで怖い印象がありますが、カッコいいヘルメットだと思いますし、アメリカンにピッタリなんじゃないですかね。

スポンサーリンク

ネイキッドで使用してるヘルメットの種類と安全性は?

ネイキッドやスーパーバイクと呼ばれているバイクはアメリカンみたいに優雅に乗るみたいな乗り方ではなく、スピードもかなり出ますし、前傾姿勢という事もありフルフェイスを被る方が多いと思います。

やっぱりネイキッドにはフルフェイスがビジュアル的にも合うと思いますね!

実際自分が被っているものがこちらです↓

SHOEI Z7

このタイプのヘルメットは安全性にも優れ、保温性、空気抵抗も考えられています。なので疲れにくいし、風切り音も少ないです!

ただ、夏になると正直暑いです!少しメットの中に風が入るように口元と頭部の部分に通気口はあるんですが、汗だくになります。

通気口は夏はあまり意味がないかも・・・

ダイエットには最適です!!(笑)

バイクに乗るにあたって1番大事なのは安全性です!多少のことは我慢しましょう。大惨事になりかねませんので!

まとめ

バイクによって合う合わない、ビジュアルも大事ではありますが、やはり1番大事なのは安全面です。楽しくバイクライフを送りたいのであれば、多少のことは我慢しましょう!

でもカッコよく乗りたいですよね〜!なので軽装の時はくれぐれも気をつけて運転してくださいね〜!

今回はタイプ別のヘルメットについてお話ししてきましたが、購入の際に注意しておきたい事はネットでもヘルメットを買う事はできますが、一度店頭に行って被ってみたほうがいいですよ!

一度ネットでサイズはこのくらいだろうと買ってしまったら、小さかったんですよね〜!なので、そういうことにならないようにしっかり確認した方がいいですよ!

自分の頭のサイズってわかってない人多いので・・・

絶対試してからの購入をオススメ致します。サイズは同じでも形が違うヘルメットって多いので!!

いいヘルメットに出会える事を願っています!

最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク